「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2010年 03月 23日
久喜市になりました!
とうとう久喜市になりました。

今朝、新聞を読みながら飲んだ紅茶の味も、洗濯機を回す回数もなんにも変わらない。
それもそうだ、物事は「チャンネルを変えるようには変わらない」と40年以上生きていると知っている。
先日、小学校を卒業した息子も、まったく中学生になる気配もないが、彼も少しずつ中学生になっていくのだろうな…。上の娘たちがそうだった様に。

毎日毎日「今」を積み重ねている。
「今」はすぐに「過去」に、「未来」はすぐに「今」に。動いていないように見えても確実に動いている。
生きているとは、そういうことなのだと私は思っている。

「変わらないものなんてない」

どんなに伝統として守ってきた物であったとしても、そこには月日の流れによる「物質的な劣化」は避けては通れない。
伝統を守りながら、忠実に再現しながら、守られている。「ずっと同じ」な訳ではないんだ。

人も、生きている限り変化し続けている。
私たちは止まっているように見えても、間違いなく進んでいるんだ。

世の中も、動きを止めない。

鉄道が主な交通手段だった55年前に、鷲宮(わしのみや)町と桜田村(一部を除く)が合併して鷲宮町が誕生した。

55年経った今は、一家に2台3台と車をもつ家も増え、道路網も整備された。車でほんの20分で菖蒲のショッピングモールまで買い物にいける。栗橋の総合病院に通院する人もたくさんいる。列車の本数も比べ物にならないほど増えた。隣の町が近くなった。

そんな中、久喜市、菖蒲町、栗橋町、鷲宮町が合併して新「久喜市」が誕生したのだ。

今日は何も変わらない様な気がしても、何日かして振り返ると、小さな変化が積み重なってるに違いない。(現に住所は変わってる)

合併し違う町になったのだから変わらないはずはない、むしろ大きく変わることも多いはず。

そして、この町の未来は私たち住民が決める。
そう、「誰かがどこかで決めている」なんてことにしてはいけないと思う。

出来るだけ変えないで、残して行きたい伝統や文化。地域の特徴。
でも、より暮らしやすくなるように、積極的に変えて行きたいこと。
それらにバランスよく取り組んで行けたら、きっと今よりいい町になる。

私は、そう信じています。
[PR]

by ootani-kazuko | 2010-03-23 21:43 | 考えたこと
2010年 03月 22日
新市、誕生!!
ご存知のこととは思いますが

3月23日、新「久喜市」誕生です


人口3万7000人・面積13.9平方キロの町から、

15万5000人・82.4平方キロの市に!!




2月に、新久喜市の「暮らしのガイドブック」が全戸配布されています。

合併後の市役所の組織、行政サービスの調整内容、住所の変更など、新市の詳細が載っています。
ぜひ、すみずみまでご覧になってください。



合併すると・・・

 1市3町の首長(市長・町長)と議員は失職となります。

 新市の設置後50日以内に選挙を行い、市長と市議を 「選び直し」 ます!
 
 予定ですが、4月18日告示で4月25日が投票日なる模様。
 
 市長選と市議選のダブル選挙となります。

 現在の議員数・・・・・・62人 (1市3町の合計。  久喜22人・菖蒲12人・栗橋16人・鷲宮12人)

 新市の議員数・・・・・・34人

 有権者人口比でざっくりと単純計算すると、久喜から 46%、
                            鷲宮から 23%、
                            栗橋から 17%、
                            菖蒲から 14%
                                         となります。

最初の選挙は各自治体の代表を選出する形になるのではないでしょうか。


[PR]

by ootani-kazuko | 2010-03-22 22:37 | 地域のニュース
2010年 03月 21日
合併課題
行った・見た・考えた@かず子


次世代育成支援行動計画(子育て支援計画)は合併時に統一されます。

現在の久喜市の計画がベースになるようです。また、介護保険制度も合併時に統一されます。

しかし、合併時に統一されないものも多く残ります。

上下水料金、国民健康保険、学校給食費などは現在の市町ごとの金額で継続され、ゴミの収集・分別方法などと共に2~3年かけて統一されることになります。

また、現久喜市の教育長が「新久喜市でも2学期制を進めたい」と言っているようです。

文教厚生委員会の視察で、久喜市の2学期制について伺ったのは「長所」ばかりでした。
3学期制をとっている自治体からは、3学期制の「長所」を聞きます。
どちらにも長所と同様に「短所」があるのが普通ではなかろうか、と思います。

学校現場からの率直な感想や手応え、保護者・児童生徒のナマの意見を知りたいところです。(私のところへは、3学期制を望む声も多く聞こえるのですが…。)
他の自治体では2学期制から3学期制に戻すところも出てきています。

2学期制については新市で議論される課題になりそうです。


とにかく、新久喜市には人口15万の「スケールメリットを活かしたまちづくり」という希望もあるけれど、課題も沢山あることは現実です。

私たち一人ひとりが課題と向き合い、名前は久喜市だけれど「新しい自治体をつくっていく!」という気持ちが大切ではないでしょうか。
その気持ちが、より住み良い自治体をつくり上げるのだと信じます。

私は「より暮らしやすいまち」久喜市が誕生するという希望をもって合併に臨みたいと思います。




[PR]

by ootani-kazuko | 2010-03-21 18:41 | 考えたこと