「ほっ」と。キャンペーン
<   2006年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2006年 09月 29日
少子化と子育て支援
毎日新聞に、大変興味深い記事が掲載されました。
ぜひご覧下さい。

産みやすさ・働きやすさ:/上 「どちらも高い・低い」に2極化


産みやすさ・働きやすさ:/中 両立支援策あっても「子は1人」--東京・大阪の場合

産みやすさ・働きやすさ:/下 3世代同居・近居の恩恵--佐賀・山形の場合



「出生率は平均以上のペースで落ち込み、全国平均を下回っており、働く女性の割合も平均未満」で、東京、北海道、大阪など16都道府県。

埼玉県は、この16都道府県の中に入っているようです。
雇用の不安定さ、男性の長時間労働が、出生率に影響を与えていると分析されています。確かに私の知人友人にも、子どもが起きている間に帰宅できない人が沢山います。
[PR]

by ootani-kazuko | 2006-09-29 14:55 | 気になるニュース
2006年 09月 24日
□ 自治体破たん法   □ 児童虐待 警察の立ち入り促進
自治体破たん法制“借金の棒引き”認めず…総務省方針


 総務省は22日、財政難に陥った地方自治体に対する「再生型破たん法制」について、自治体が破たんした場合、いわゆる「借金の棒引き」にあたる債務減免や金利減免などの債務調整の導入を見送る方針を固めた。


しばらく前に明らかになった夕張市財政破綻のニュースは、全国の地方自治体にとって人ごとじゃないものだったと思います。基幹産業を失った産炭地という特殊事情がありますが、今後どのような方策がとられていくのでしょうか。夕張市民の暮らしの行方が気になります。


読売新聞によると、総務省の方針は、
1・ とにかく早期発見、早期治療。財政悪化が一定段階に達した自治体には健全化を求めていく
2・ それでもダメだった場合は、国の作った再生計画に従わせる

ということのようです。


もう一件


児童虐待 警察の立ち入り促進 ≪厚労省と連携、警察庁通達へ≫

(1)警察署と児相との間で行っていた情報交換を、都道府県福祉部局と警察本部との間でも行う
(2)警察は、「立ち入り権限」を積極的に運用
(3)保護者の抵抗に臆(おく)することなく児童の保護活動ができるよう環境を整えていく
虐待の疑いが浮上した段階で強制力を伴う警察の関与を強めることにした。

[PR]

by ootani-kazuko | 2006-09-24 09:39 | 気になるニュース
2006年 09月 20日
決算質疑で中央保育所廃止を考える

決算審議の質疑の中で中央保育所の廃止中止を求める意見が出ていた。
「行政が公立保育所を止めるのは責任の放棄」だとか、「子育て支援に逆行している」とか色々・・・


中央保育所については、そこに子どもを預けていた知人友人が何人かおり、また長女とその学友たちが中学時代に訪問しての感想なども聞いている。色々と思うところもあるが、実際に自分の目で見て調べたわけではないのでここでは触れない。


考えているのは、今後のことである。
廃止によって、生じるであろう待機児童の対策、保育所の跡地の問題など含めて、町長は3月議会で前島議員の一般質問に「いろんな点から、角度から検討して、保育サービスが低下にならないように配慮していきたい」答弁している。
新たな民間の参入があるかもしれないし、幼保一体が増えるかもしれないし、これからの話だ。

保育の民営化に心配事がないわけではない。
私は、私立保育園も「一般財源化したいと財務省は考えてるかもしれない」と思っている。
保育を地方の裁量に任せられたら、うちの町はきちんと補助してくれるんだろうか?
「保育」って自治体によって考え方がいろいろ。首長や議員が「幼児は家で育てて!」と言ってる自治体もあるだろう。
保育の必要性と子育て支援はもっともっと議論が必要で、「税を使ってやる保育の保障はどこまでか」「保育の質」についてなど、きちんと議論されていない。明快な説明ができないのはそのせいだと思う。
「保育の質を評価する基準がない」のが、そもそも問題(わが国の子育て支援てないがしろにされてきたのね・・・)

どんなことにも言えると思うのだけれど、「理念・技術研修・基準・評価・フィードバック」が必要だと思います。



※ちなみに17年度「中央保育所」
定員120名に対して 115名(H18.3.1)
現在は85名(廃止が発表されたせいかな?) 定員割れだから中保ならすぐに入れますね。
[PR]

by ootani-kazuko | 2006-09-20 16:23 | 議会報告
2006年 09月 20日
反省の弁
「新しい鷲宮を考える会」掲示板の管理人Pさんから「掲示板の管理をしきれなくなったから閉鎖する」という連絡をもらった。管理人Pさんが三連休でアクセスしない間に、利用者さん同士が言い争いになって、気が付いた時には収集がつかなくなっていたとのこと。

掲示板にはこの1年間に1件の書き込みもなく、実質開店休業状態だったのだが、にわかににぎやかになった原因は「大谷はHPの更新を怠けている」というご批判の意見だったそうだ。

・・・・まことに申し訳ない。
批判された方にも、それに反論された方にも、どちらにも申し訳ないことをしました。
大反省です。

というわけで、久々にブログを更新。
[PR]

by ootani-kazuko | 2006-09-20 15:00 | 日常
2006年 09月 05日
2006年9月議会が始まりました
今日から9月議会が始まりました。


早朝、東鷲宮駅前でいつものように紙版ドットコム通信をお配りしました。
沢山の方が受け取ってくださり、本当に嬉しく、心強く感じています。続けるうちに顔見知りになって、挨拶を返してくださる方が増えてきた気がします。


やっと涼しくなったかな・・・・と思っていたのに、いきなりまた夏の暑さが!
9月20日の閉会の頃には秋らしくなっているでしょうか。
気温の変動が激しいこの時期、夏の疲れがたまって来ている方も多いことと思います。
涼しくなるまでもう一息、何とか健康に乗り切りたいものです。


さて、大谷の一般質問は、8日(今週の金曜日)です。

詳しい日程はこちらからどうぞ

今回のテーマは

・協働のまちづくり
・放課後こどもプラン
・トータル的な子育て支援


この三点です。

どうぞ傍聴においでください。
[PR]

by ootani-kazuko | 2006-09-05 23:17 | 議会報告