2008年 07月 14日
2008年6月議会 再質問への答弁 
教育次長の鈴木でございます。
大谷議員の再質問にお答えをいたします。

まず、総体的にお答えをさせていただきたいと存じます。
答弁の中で課題として、各学校がより一層の特色ある学校づくりに努め、保護者や地域の皆様へ、学校の教育活動の情報を積極的に周知していくことが重要であるというような、答をさせていただきました。議員のご指摘の中にもございましたように、非常に風評が広がるというのを心配をしているところでございます。

そう言った中で、やはり情報発信が大変重要であると、このように考えているところでございます。また議員ご理解をいただいていることと存じますけれども、教室また学校はその時々、年代を写す社会の縮図とも言われております。このような状況の中で、教育の基本をしっかり見据え各学校の特性を生かしながら、それぞれの個性を尊重し、児童・生徒の持っている力をみんなが伸ばせるように、各学校で努力をして参りたいと存じますので、ご理解をいただきたいと存じます。
[PR]

by ootani-kazuko | 2008-07-14 20:17 | 議会報告


<< 一般質問と答弁(6月)      2008年6月議会 再質問  >>