2006年 11月 25日
おとうさんのヤキイモタイム

11月23日(祝)東コミセンのふれあい広場で、鷲宮子育てネットワーク「ハッピー!」が開催した「おとうさんのヤキイモタイム」にボランティアスタッフとして参加した。
これは、埼玉県子育て支援課と県内各地のNPOなどの団体による協働事業「お父さんの子育てを応援するキャンペーン」として、昨年から県内各地で行われている。今年は鷲宮町でも「ハッピー!」が開催した。

おとうさんのヤキイモタイム2006

今回のイベントには、法政大学と純真女子短大の学生ボランティアも参加。
参加者と一緒におイモを濡らした新聞紙に包み、さらにホイルを巻いて、おき火の中に入れるのを手伝い、イモが焼けるまで子どもたちと遊んでくれていた。
新聞紙ボールや紙飛行機を作ったり、公園で追いかけっこなど、驚いたことに彼らは子どもの相手がとても上手。子どもたちは体を使って遊んでくれる若いお姉さんお兄さんを大好きになって、まとわりついて離れない。(当町の学童保育にもこういう学生アルバイトを採用して欲しい・・・)

子どもたちが遊んでもらっている間、火の側に父親たちがなんとなく寄ってきくる。
ぎこちない挨拶、遠慮がちに言葉を交わす人、黙って団扇で扇ぐなど手を出してくる人。
「ただ所在無く立って見ているだけのイベントだと男は苦しい、火があると手伝える仕事がある。だからヤキイモなんだ」とは、この企画の立案者の言葉。

天気予報は最悪で、「誰も来なかったらどうしよう」と言う気持ちで準備していたのだが、予報はハズレ、開始時間には晴れ間も見え、ちょっと冷たい空気はヤキイモ日和となった。
参加者は100名を超え、予想を上回る来場者にスタッフは大忙し。
私は大きな釜(三斗釜)で豚汁を150杯作る係。用意したとん汁はあっという間になくなり、皆さんが「美味しい」と言ってくださって(若いお兄さんボランティアは何度もお代わりしてくれた!)、とってもうれしかった。

さて、鷲宮町でのヤキイモ大会は、父親の育児参加支援・子育て交流会の目的も持って企画された(講師は会の代表・宮内美保)。
豚汁やヤキイモを食べ終えると、お父さんたちは火の周りに集められ、マイクを回して一人一言、感想などコメントしてもらう。、
『育児中の父親どうしはなかなか知り合う機会も無いので、このような機会に家族同士の交流が出来て良かった』
などのご感想をいただいた。

おとうさんのヤキイモタイム イン 鷲宮

土日の公園にいくとお父さんと子どもが沢山いるけど、お父さん同士はまったく声をかけ合わないんだろうなと想像がつく。
仲間がいなくて孤立して子育てするのはつらい。子育ては一緒にすれば楽しいもの。それは母親も父親も同じだと思う。実は、お父さんも地域で友だちがほしいのではないだろうか。

男性が育児や子育て、地域のことを語るのが普通のことになったら、世の中もっと変わるんじゃないかと思う。

『育児手当や、保育所や子育て支援センターなどの増設も大事だけど、市民自身、おとうさん自身が自ら動いて、子どもたちの育つ場をつくっていけたらもっといいんじゃないか、そんな思いではじめました』と企画者(NPOハンズオン埼玉・西川さん)は言っている。

私は三人の子どもを育てながら、色んな子育て支援サービスの恩恵を受けてきた。そして感じたのは、本当の意味での「子育て支援」は、行政に何かやってもらったり、お金を払ってサービスを享受する消費者となることではないということだ。
やってもらうのは助かるし嬉しい。すごく助けていただいた。けれど、サービスを受けた喜びはその場限り、次につながらない。次のサービスを求め「永遠の消費者」となってしまう。

自分たちで仲間を作って、子育てを通じて「知り合いを増やす」「信頼できる知人を持つ」「支えあう地域を作っていく」・・・ただの消費者からの成長、つまり「親として地域で生きる力」を持つきっかけになるような支援が求められているのではないだろうか。

時間がかかることだろうけどコツコツやって行くことしか方法はないと思う。
「耕して、肥料をまいて、種を蒔く」
その繰り返しだ。

『また、こういう機会を作ってください』の声もあった。
今度はどんなことが出来るだろう。
イベントの終わりに協力いただいたアンケートの中に、親父のメーリングリストやネット上のコミュニケーションの場があったらどうかと書いてくれた人もいた。

ほら、もう芽が出ている。
ワクワク!
[PR]

by ootani-kazuko | 2006-11-25 23:55 | 地域のニュース


<< 明日から12月議会です      死なないで >>