2006年 02月 21日
対面式演壇
町議会のスタイルがちょっと変わります

これまで鷲宮町議会で議員が質問・発言する時には、質問相手(町長、役場職員)に背を向けて、同僚議員の方を向いて話していました。
この3月議会から、質問相手に向かい合った発言席が新設されます。これが「対面式演壇」
議会活性化の効果があるとされ、近隣市町村でも導入されています(久喜、宮代など)。

費用は、議事録用録音機器の修理を含めて51万円(←見積もり額。実際には、もう少し安くなりそうとのこと)。
3月2日の代表質問・一般質問から、新しいスタイルでの質疑が行われるようです。

議会活性化に効果があったかどうか、ぜひ傍聴席でジャッジしてみてください
[PR]

by ootani-kazuko | 2006-02-21 18:44 | 議会報告


<< 「学校給食に弁当の日」 その後      3月議会がはじまります >>