2005年 12月 20日
12月 議会報告

平成17年12月定例会は、12月7日に開会し、16日までの10日間の会期で開かれました。

ここで決まったことをご報告します

 1・国民健康保険税が値上げされます (国民健康保険税条例の一部を改正)

鷲宮町の国民健康保険の加入者は増えていますが、国民健康保険税の調停額はほとんど伸びていません。保険税率は昭和62年に改正されてから、18年間据え置かれています。
しかし年々医療費は増加しており、実質収支は赤字で、平成16年度には基金をすべて取り崩すとともに、一般会計から繰り入れを行い補いました。
今後の医療給付費等の増加に対応するために、今回の改正となりました。
また、納期が年6回から年9回になります。
この条例は平成18年4月1日から施行されます。(3ページに主な改正点を掲載しています)
※ 調定とは、地方公共団体の歳入を徴収しようとする場合において、その内容を調査して収入金額を決定
 する行為であり、調定額とは、その決定した額です。


 2・住民基本台帳の閲覧手数料を改正(鷲宮町手数料条例の一部を改正)

住民基本台帳の大量閲覧による弊害を危惧し、個人情報を保護するため、住民基本台帳登録者名簿の閲覧手数料を1枚につき100円から1人につき200円に改正しました。
この条例は平成18年2月1日から施行されます。


 

       補 正 予 算 

  一般会計(第5号)
 今回の補正は5億6158万円を追加し、歳入歳出それぞれ79億7292億円とする。
主な歳入
 町民税 8480万円
 寄付金 9898万円
 貸付金繰入金 3億7415万円など。
主な歳出
 自転車駐輪場・組合事務所用地購入費 3億8556万円
 国民健康保険特別会計繰出金 6000万円
 道路新設改良費における委託料 9898万円  

  国民健康保険特別会計(第2号)
 1億4109万円を増額。
 一般会計から6000万円繰り入れられた。
 歳出の大部分は保険給付費(1億651万円)、介護納付金(2782万円)となっている。

  介護保険特別会計(第2号) 
 1033万円を増額。
 一般会計から343万円を繰り入れ。
 歳出の大部分は保険給付費(789万円)となっている。 



    議会人事の変更がありました

12月議会最終日、議長・副議長がそろって「一身上の都合により」辞職。
議長・副議長それぞれ選挙が行われました。
 新議長は栗原昭文氏、 副議長は飯島利昭氏に代わりました。

議 長 選 挙
◎栗原 昭文  12票
 磯前ひろ子   3票
 無効票     5票

副 議 長 選 挙
◎飯島 利昭  12票
 杉野  修   3票
 無効票     5票
[PR]

by ootani-kazuko | 2005-12-20 13:02 | 議会報告


<< 3月議会がはじまります      2005年12月議会 一般質問... >>