「ほっ」と。キャンペーン
2005年 05月 13日
JR東鷲宮駅前に「送迎保育ステーション・ファミリア」OPEN!
厚生労働省の「待機児童ゼロ作戦」の一環で、保育所の需要と供給のミスマッチを解消するのが目的。
駅周辺のビルの1室を借りるなどして開設し、保育士らが集まった子どもたちをマイクロバスなどで保育所に送迎する。
JRは駅型保育園の誘致に積極的(スバラシイ!!)。

朝7時から9時までの早朝保育と、夕方6時から夜9時までの保育。
それと保育園までの送迎。

保護者は朝の出勤時にJR東鷲宮駅(西口改札のスグ横)の「送迎保育ステーション」に子供をあずけて出勤。時間になったらスタッフが保育園まで送ります。
そして午後、保育園の保育時間が終わる時間にスタッフが保育園まで迎えに行き、保護者がJR東鷲宮駅前に帰ってくるまで、ここ「送迎保育ステーション・ファミリア」で過ごすという施設だそうです。

長時間保育、二重三重保育に対する様々な意見があるのは知っていますが、それでも、もし私が若いころにこういう施設があったら、どれほど気持がラクだったろう。
私は、こういう保育施設ができたことを素直に喜びたいと思います。

働く人にやさしい町。
働く人が子育てしやすい町。

鷲宮町が着々とそうなって行くといいなあ!!

小さい子を持つおとうさん、おかあさん、応援してます、がんばれーー!
[PR]

by ootani-kazuko | 2005-05-13 00:22 | 地域のニュース


<< 埼玉新聞に掲載・・・・ JR東...      5月12日づけ埼玉新聞 >>