「ほっ」と。キャンペーン
2010年 04月 16日
この町で

新久喜市の市議会選挙は

4月18日(日)告示 

4月25日(日)投票


前回の鷲宮町の議会議員選挙の投票率は43.84% 

みんな選挙に行こう! 

目標は投票率60%以上

議会構成しだいで、新市の将来は大きく変わります。
あなたの投票が新市の未来を決めるのです。 

この地域の住民代表を新市の議会に!!!



「この町で」  行った・見た・考えた@かず子 

2004年の3月議会から、この3月議会まで6年間25回、一度も欠かさず議会で、さまざまな問題提起や住民の声を「一般質問」という形で届けてきました。私の提案が事業化されたもの、事業が改善されたもの、道半ばのもの、結果はさまざまでした。
ここで私が質問してきたことの多くは、「子育て支援」「教育」「放課後対策」「防災」「協働」でした。この町で暮らす多くの子育て世代の視線で行ってきたものです。質問の目的のひとつは、これらの問題解決を図りながら多くの町民、特に子育て中の若いママたちに町議会を町政を、身近に感じてもらいたいという事でした。その近道として傍聴を呼びかけましたが、傍聴に来てくれた多くのママたちが、議会でいろいろな事を感じてくれたことは、とてもうれしいことでした。
関心がなくても、生活のどこかで必ず接点があるのが政治です。政治がどのように動き、どのように生活に影響を与えているか、みなさんに知って頂くことが、私たち議員一人一人が努力すべき仕事のひとつなのだと思っています。私という存在で、町政を身近に感じてくれた人が少しでも増えていたら幸せです。

私は、5歳の時に鷲宮団地に入居し、父はこの町を「新しいふるさと」にすることに決め、私の実家は葛梅になり、北海道からお墓まで引っ越してきました。今、父は自分で持ってきた墓で親兄弟と一緒に眠っています。私も、桜田でおばあちゃんになるでしょう。
昭和45年、鷲宮町の人口は9000人でした。今、3万7000人が暮らしています。そして、新久喜市となり15万7000人の暮す町になりました。
私と同じ様に、この町を自分たち家族の「新しいふるさと」として暮らしはじめた人がたくさんいます。もともとこの町に生まれ育った人よりも、よそから引っ越してきた人の方が多い町ですが、最近は親とともにこの町にやってきて大きくなった子どもが、この町で世帯を持つ年齢になっています。そして、ここで生まれ育つ子どもたちも増えています。
この町で生まれ、大きくなっていく子どもたちと、これからもずっとこの町で暮らしていく新旧の家族たち。そんな私たちのために、私たちの力で、この町がもっと住みよい町になったらよいという思いで、私は議会活動を行い、合併を推進してきました。
新久喜市が希望あふれる新しい町になっていくことを強く願っています。

6年間、ご支援頂きましたことに心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。これからも、この町の未来の為に力を合わせていきましょう。





[PR]

by ootani-kazuko | 2010-04-16 21:48 | 地域のニュース


<< 久喜市議になりました!      久喜市になりました! >>