「ほっ」と。キャンペーン
2010年 03月 21日
合併課題
行った・見た・考えた@かず子


次世代育成支援行動計画(子育て支援計画)は合併時に統一されます。

現在の久喜市の計画がベースになるようです。また、介護保険制度も合併時に統一されます。

しかし、合併時に統一されないものも多く残ります。

上下水料金、国民健康保険、学校給食費などは現在の市町ごとの金額で継続され、ゴミの収集・分別方法などと共に2~3年かけて統一されることになります。

また、現久喜市の教育長が「新久喜市でも2学期制を進めたい」と言っているようです。

文教厚生委員会の視察で、久喜市の2学期制について伺ったのは「長所」ばかりでした。
3学期制をとっている自治体からは、3学期制の「長所」を聞きます。
どちらにも長所と同様に「短所」があるのが普通ではなかろうか、と思います。

学校現場からの率直な感想や手応え、保護者・児童生徒のナマの意見を知りたいところです。(私のところへは、3学期制を望む声も多く聞こえるのですが…。)
他の自治体では2学期制から3学期制に戻すところも出てきています。

2学期制については新市で議論される課題になりそうです。


とにかく、新久喜市には人口15万の「スケールメリットを活かしたまちづくり」という希望もあるけれど、課題も沢山あることは現実です。

私たち一人ひとりが課題と向き合い、名前は久喜市だけれど「新しい自治体をつくっていく!」という気持ちが大切ではないでしょうか。
その気持ちが、より住み良い自治体をつくり上げるのだと信じます。

私は「より暮らしやすいまち」久喜市が誕生するという希望をもって合併に臨みたいと思います。




[PR]

by ootani-kazuko | 2010-03-21 18:41 | 考えたこと


<< 新市、誕生!!      ドットコム再開です ! 行った... >>